Services > International Patient Services > 日本語 > Loma Linda University Medical Center - International Patient Services - Japanese - Financial Information
医療費に関する情報

ロマリンダ大学メディカルセンター(LLUMC)は治療を受ける患者様と御家族の方々にとって、今が困難な時であることをよく理解しています。患者様の不安を少しでも取り除くため、LLUMCでは医療費に関する情報をあらかじめ提供しています。もしここで説明していない内容で、医療費に関する質問がありましたら、お気軽に医療費コーディネーター に連絡してください。 連絡先は以下です。

internationalservices@llu.edu


医療費の先払い

治療は全て、治療を受ける前に医療費の全額支払が必要です。以下の支払方法からお選び下さい。

1.    銀行送金
2.    クレジットカード (ほとんどの大手の会社のもの)
3.    トラベラーズチェック
4.    現金

医療費の合意

患者様の治療記録の確認の後、患者様が、医療相談を受け、治療の対象としてLLUMCに受け入れられた場合、医療費コーディネーター が医療費の合意書  (Financial Letter of agreement : LOA) を送ります。LOAにはそれぞれの治療に対する一括医療費ケースレート(The treatment package case rate)の概要が記載されています。また、治療の予約や、その後のさまざまな手配をする前に保証金が必要な場合はその金額が提示されています。

一括医療費ケースレート(The treatment package case rate)

一括医療費ケースレートはある特定の治療に対して適応されます。このレートは、医療費の割引レートで、提案された特定の治療に関する入院費、医師に支払われる費用が含まれています。医療費のレートは各患者さんによって異なり、またその患者様の医師が認めた治療のプランによっても違います。この提示された一括医療費ケースレートに含まれていない追加のサービスは、そのサービスを受ける時点で支払っていただきます。患者様が病院に着いた後、提示された治療プランが適当ではないとわかった場合は、新たな治療計画が提示され、それに伴って新たに医療費の合意書が作られます。

医療費保証金

患者様がLLUMCに着く前に、特定の治療を提示するだけの十分な医療情報がない場合、あるいは、提示された治療が、一括医療費ケースレートの適応を受けない場合、どのようなサービスを受けるにも、事前に治療に対する保証金を支払う必要があります。この保証金の金額は、患者様の症状とそれに対して提案された治療のプランを基にして、入院や医師にかかる費用から見積もって出されたものです。治療の途中で、患者様の医療費が見積り額をはるかに超えた場合は、追加の保証金が必要になります。

医療費の請求書

最後の請求書は、約30日後に出されます。つまり、治療の終了時に、その時点で出された医療費の情報に基づき、請求書の見積もり合計が出されます。最終的な入院費用と医師への支払いの正確な請求額は、治療終了から45-60日後に出されます。治療終了時点においては、すべての費用が提出されているわけではありませんので、見積額と最後の請求書に違いが生じることがあります。

海外医療保険

外国における治療費用を支払うことのできる保険、あるいは政府の医療保険によって医療費の支払いを行う場合は、医療費コーディネーターまで御連絡ください。もし、患者様のお持ちの保険が、LLUMC、Loma Linda Health Careと契約していない場合は、医療サービスを受ける前に医療費全額の支払いが必要となります。



LLUMC 、LLUHC以外で開始された医療行為について

LLUMC 、LLUHC以外で開始された医療行為についての費用は、この病院の一括医療費ケースレートや医療費保証金には含まれません。これらの医療行為に対する支払いは患者様の責任となります。LLUMC 、LLUHC以外でのサービスをお求めの場合は、患者様がそのサービスを受けた時点で、その医療行為を提供してくれた施設に対して費用をお支払い下さい。

internationalsevices@llu.edu